眼の病気



眼の病気を知る

眼の病気

私たちが罹患する可能性のある眼の病気には、さまざまな種類があります。すでに視力が低下していたり、眼圧が低い、あるいはものの見え方がおかしいという方は、ぜひ一度眼科を受診しましょう。眼圧や眼底を検査することで、早期に病気を発見したり、眼の病気にかかるリスクを抑えることができます。

 

目の病気の代表例には、以下のようなものがあります。

  • 白内障
  • 緑内障
  • 飛蚊症
  • 加齢黄斑変性

 

白内障緑内障は中高年層に多く発症する病気として知られています。また、飛蚊症は目の病気としては軽い分野に入りますが、網膜剥離などを起こしている場合はその限りではありません。最近では白内障や緑内障、飛蚊症を若い方でも発症することがありますから、早いうちから目の健康を考えて生活することが大切です。

 

また、加齢黄斑変性は目の難病として知られています。多くは加齢によって自然と発症するものですが、病状は「萎縮型」と「滲出型」の二種類に分けられ、滲出型である場合には外科的手術などが必要になります。

 

眼の病気の多くは加齢による自然的な原因が多いとされています。しかしながら、生活習慣や食生活、体調の問題からこれらの病気を発症する可能性もあり、年齢に関係なく誰もが罹患するリスクを持っています。

 

遺伝的要因や体質の問題などもありますが、毎日を健康的に過ごすことでこれらの病気を抑え、予防することも可能です。特に小さいお子さんや10代、20代の方は、今のうちから目を大切にする生活を心がけていくようにしましょう。

 

サイト執筆者紹介

ハンドルネーム:Big Sugar

 

このサイトを作成したBig Sugarです。
30歳を過ぎた頃から片目が白っぽく見えづらくなり、眼科で診断したところ若年性白内障と診断されました。その後、もう片方の眼も白内障になり、大学病院で手術をしました。その頃の体験が、同じ病気で悩んでいる人のためになるならばと当サイトを立ち上げました。少しでもお役に立てれば光栄です。最近、眼がよく見えるようになったことを契機に、帰化申請をして日本国籍を取得しました。



 
ホーム 白内障 緑内障 飛蚊症 加齢黄斑変性 動画で学ぶ眼の病気