加齢黄斑変性



加齢黄斑変性チェック

加齢黄斑変性記事一覧

加齢黄斑変性とは

「加齢黄斑変性」は一般的に加齢に伴って起きる目の病気とされています。目の網膜の中心に存在し、光の刺激を視神経から脳に伝える重要な部位である「黄斑部」が傷つくことによって変性を起こし、視力に異常をきたす疾患です。日本でも患者数が増えつつあると言われていますが、現在ではips細胞を使った新たな治療方法が...

≫続きを読む

 

加齢黄斑変性の原因

高齢者に多い「加齢黄斑変性」という病気は、その名のとおり加齢が原因で目の網膜にある黄斑部と呼ばれる部位が老化する病気です。黄斑部は網膜の中心部分に位置し、目に入った光の刺激を脳に伝える際に非常に重要な役割を果たす部位ですが、ここが加齢によるダメージによって変性し、視力低下へと繋がっていきます。日本人...

≫続きを読む

 

加齢黄斑変性の症状

加齢黄斑変性とは、目の奥の網膜の中心に存在する「黄斑部」が何らかの原因で歪み、変性することによって起こる目の病気です。最初は目の不調を感じるだけにとどまりますが、症状が進行してくるとものの見え方が悪くなり、ものが歪んで見えたり、視力が低下するなどのトラブルが起きてきます。加齢黄斑変性症は一般的に緩や...

≫続きを読む

 

加齢黄斑変性の治療

加齢黄斑変性とは、高齢者が多く発症する目の病気の一種であり、網膜の中心にある黄班部が変性することによって視野が歪む病気です。黄斑部が正常であれば視界に異常をきたすことはありませんが、ここが変性していると視野の中心が暗くなったり、歪んで見えたりします。加齢黄斑変性の治療方法は以前までは外科的治療が主体...

≫続きを読む

 

加齢黄斑変性の手術方法

加齢黄斑変性の手術方法は、眼科医の診断によるところが大きいですが、治療法については未だ確立されていないのが現状です。加齢によって自然と黄斑に変性が起こる委縮型の場合、治療は特に必要がないと言われていますが、徐々に症状が進行するにつれて萎縮型から滲出型へと移行する可能性があります。したがって、滲出型に...

≫続きを読む

 

 
ホーム 白内障 緑内障 飛蚊症 加齢黄斑変性 動画で学ぶ眼の病気