飛蚊症 原因



飛蚊症の原因

飛蚊(ひぶん)症とは、空や壁など明るい場所で表れ、初めて自覚できる目のトラブルの一種です。明るい場所にいると、ふと視界に虫やごみのようなものが浮かんでいるのが見え、最初のうちは目の前から払おうとします。

 

しかし実際には目の錯覚であり、糸くずのような浮遊物が飛んでみえることから飛蚊症と名付けられました。特徴としては、目に痛みなどは感じませんが、目の動きとともに浮遊物が一緒に移動し、自分で消そうと思っても消えることはありません。

 

飛蚊症の原因には、線維がそのまま残存している生理的な原因と、老化による自然的な原因、そして網膜剥離や感染症、緑内障などの疾患が挙げられます。疾患を患っている場合は早急に眼科を受診しなければ、失明や視力の低下に繋がる危険もありますが、前者の生理的・自然的原因はまず問題なく、気にしなければ特に問題はありません。

 

しかし、私たちが飛蚊症を患った場合、正常なのか異常なのかを判断することはできませんから、気になるようであれば眼科を受診されることをおすすめします。

 

飛蚊症は加齢による発症も多く、中高年層以降は相当数が罹患しているといわれますが、10代の若者でも患うことはあります。虫やゴミや目の前を飛んでいるというのはなかなか不快ですが、原因をしっかりと突き止めておけば安心です。まず気になることがあれば、専門医の診察を受けておきましょう。

 

若い方でも、パソコンのしすぎで目を疲れさせたままにするのは目の健康にとって良くありません。また、飛蚊症の原因である網膜剥離などを起こしていれば早急に処置をしなければなりませんから、早め早めの対策が肝心です。
>>眼の病気 トップページへ


 
ホーム 白内障 緑内障 飛蚊症 加齢黄斑変性 動画で学ぶ眼の病気