加齢黄斑変性 原因



加齢黄斑変性の原因

高齢者に多い「加齢黄斑変性」という病気は、その名のとおり加齢が原因で目の網膜にある黄斑部と呼ばれる部位が老化する病気です。黄斑部は網膜の中心部分に位置し、目に入った光の刺激を脳に伝える際に非常に重要な役割を果たす部位ですが、ここが加齢によるダメージによって変性し、視力低下へと繋がっていきます。

 

日本人は通常、白色人種よりも光の刺激に強いとされていますが、食生活やストレス、生活習慣などさまざまな原因によって白色人種に劣らず加齢黄班変性を起こしやすくなっていると言われています。特にテレビやパソコンによる強い光刺激を連続的に受けることによって、この病気にかかりやすくなっていると考えられています。

 

また、加齢黄斑変性には原因遺伝子の有無のほかにも、環境や食べ物による活性酸素が関わっているとも言われています。昔の日本では菜食が盛んで、食生活が乱れる人はほとんど見られませんでしたが、近年の嗜好の変化がこの疾患をもたらしている可能性があります。

 

網膜奥の黄斑部のダメージの受け方には「萎縮型」と「滲出型」の2種類に分けられています。黄斑部の組織が加齢によってだんだんと萎縮していくものが「萎縮型」と呼ばれ、逆に網膜の下に新しい血管ができ、この血管からしみ出た成分が漏れ出て溜まることで黄斑にダメージを与えるものが「滲出型」と呼ばれる症状です。どちらも放置しておくと視覚障害を引き起こしますが、委縮型は症状がゆっくりと進行するという特徴があります。

 

>>眼の病気 トップページへ


 
ホーム 白内障 緑内障 飛蚊症 加齢黄斑変性 動画で学ぶ眼の病気