加齢黄斑変性とは



加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性」は一般的に加齢に伴って起きる目の病気とされています。目の網膜の中心に存在し、光の刺激を視神経から脳に伝える重要な部位である「黄斑部」が傷つくことによって変性を起こし、視力に異常をきたす疾患です。日本でも患者数が増えつつあると言われていますが、現在ではips細胞を使った新たな治療方法が注目されています。

 

主な症状としては、黄斑部が変性を起こすことによって視界が歪んで見え、視野に点が現れたり曲がって見えるなどの視界不良が日常茶飯事となり、最悪の場合失明の危険もあります。いわゆる「難病」の一つに指定されており、今までに画期的な治療方法がありませんでしたが、加齢に伴う症状であることは広く知られています。

 

網膜にある黄斑部は直径が2ミリほどのごく小さな部位ですが、ここがもっとも光に敏感に反応し、視力にも影響を与えます。そこに変性が起きて加齢黄斑変性を起こすと、当事者にも自覚症状があります。

 

自覚症状の初期段階としては、まず普段のものの見え方がおかしくなるため、それをきっかけにして眼科の受診が始まります。ここで医師が網膜をチェックし、加齢黄斑変性がみられたと同時に詳しい診察や治療に入ります。加齢に伴う加齢黄斑変性であれば問題はありませんが、滲出型と呼ばれる別の症状へ移行すると眼底出血からの視力低下や失明の危険もあるため、外科的手術が必要になることがあります。

 

目に何らかの違和感があれば、まずは眼科を受診することが大切です。加齢黄斑変性は発症年齢の遅い自然な病気とはいえども、視力が低下しすぎないよう診察と治療を続けていくことが重要です。

 

加齢黄斑変性の動画

加齢黄斑変性CM

 

>>眼の病気 トップページへ


 
ホーム 白内障 緑内障 飛蚊症 加齢黄斑変性 動画で学ぶ眼の病気