加齢黄斑変性 症状



加齢黄斑変性の症状

加齢黄斑変性とは、目の奥の網膜の中心に存在する「黄斑部」が何らかの原因で歪み、変性することによって起こる目の病気です。最初は目の不調を感じるだけにとどまりますが、症状が進行してくるとものの見え方が悪くなり、ものが歪んで見えたり、視力が低下するなどのトラブルが起きてきます。

 

加齢黄斑変性症は一般的に緩やかに症状が進むものと考えられていますが、発症後数ヶ月から数年で視野の中心部が急速に見えづらくなることもあります。

 

加齢黄斑変性には加齢による委縮型とそうでない「滲出型」の二種類に分けることができます。前者の委縮型については特に問題がなく、老化という自然現象によって引き起こされる視力低下と診断されますが、そこからさらに進んだ滲出型と呼ばれる症状は、変性した黄斑部を再生するために新しくできた「新生血管」が壊れることによって中身が外に漏れ出し、網膜にダメージを与えることから視力低下が起きてきます。

 

加齢黄斑変性症の初期症状は、視力の衰えや飛蚊症の出現、また片目だけが調子が悪いなどといったトラブルが多いようです。しかしこれが進んでくると、両目に不調をきたし、見え方が極端に悪くなり、そこではじめて症状に気づく場合があります。さらに進行すると視界の中心が欠け、視力がほとんどない「失明」に近い状態になるということです。視力がなくなれば誰もが自然と失明に至りますが、まずはそうならないために定期的に眼科で診察を受けられることが大切です。

 

>>眼の病気 トップページへ


 
ホーム 白内障 緑内障 飛蚊症 加齢黄斑変性 動画で学ぶ眼の病気