白内障 原因



白内障の原因

白内障を発症する原因は、ほとんどの場合加齢が原因の「老人性白内障」であると言われています。しかし若い方でも怪我や遺伝、病気などがもとで若年性白内障を発症することがあります。怪我や遺伝などは自分の力では防ぎきれませんが、白内障を発症したら少しでも症状を抑えるために、生活習慣から正していかなければなりません。

 

白内障が進行する原因として、目に受けた外傷が原因である以外にも糖尿病などの生活習慣病が挙げられます。糖尿病になると、20代や30代の方でも白内障が進みやすくなります。また、原因の二つ目として強い紫外線や赤外線が目に入ることも要注意。健康的な生活をしていても、目に強い光が差しこむと白内障の症状が進みやすいと言われています。

 

若い方は高齢者と比べて活発で、海や山へ出かけていく機会も多いでしょう。そこで、紫外線をカットするサングラスや帽子、サンバイザーなどを利用して目を守ることが大切です。屋内にいても光が当たる場所では紫外線によるダメージを受けますから、白内障を予防するためには目に強い光を当てないことが重要です。

 

目の健康は一日で成るものではありません。普段からの食生活もそうですし、紫外線対策なども欠かさず行うことで、将来的に白内障を発症するリスクを抑えることができます。もちろん中高年〜ご高齢の方も同様に、毎日の食べ物や生活習慣に気を配り、外に出る時はサングラスなどを利用して強い光からのダメージを受けないように工夫することが大切です。

 

>>眼の病気 トップページへ


 
ホーム 白内障 緑内障 飛蚊症 加齢黄斑変性 動画で学ぶ眼の病気