先天性白内障



先天性白内障とは

先天性白内障とは、先天的な何らかの原因によって目の水晶体が生まれつき濁っている病気のことです。主な原因としては染色体の優性遺伝や染色体異常が影響したり、また風疹やトキソプラズマの子宮内感染などによっても先天性白内障の症状が表れてくることがあります。

 

赤ちゃんや小さなお子さんの目の中に白い濁りを見つけた場合、先天性白内障であるかどうか眼科を受診し、チェックすることが大切です。すでに親御さんを含むご家族に先天性白内障を患っている方がいれば、生まれたばかりの赤ちゃんにも遺伝している可能性がありますので迅速に眼科を受診されることをおすすめします。白内障を赤ちゃんが患うと斜視になったり、発見が遅れれば視力が回復しないなどの問題も考えられます。

 

乳児が白内障を患っている場合、水晶体と硝子体の前部を切除し、コンタクトレンズなどによる矯正処置を取ることが一般的です。2歳以降に白内障の症状が進行した場合は目の中に眼内レンズを入れる手術法が適応になる場合もありますが、乳児に限らず2歳以降のお子さんも成長の途中であるため、視力の変化に応じて定期的な診察が欠かせません。

 

先天的に白内障を患っていると合併症としての異常が新たに発見される場合もあります。小さいうちから白内障を患うことはお子さんにとってなかなか不便な問題ですが、失明のリスクを減らし、弱視の段階から少しでも回復に向かうために訓練を受け、定期的に眼科で検査を行うなどして回復を目指すことができます。

 

>>眼の病気 トップページへ


 
ホーム 白内障 緑内障 飛蚊症 加齢黄斑変性 動画で学ぶ眼の病気