白内障 緑内障



白内障と緑内障の違い

「緑内障」と「白内障」は、一見同じような名前の病名ですが、どちらもれっきとした目の病気です。何がどう違うのかと混乱する方もいらっしゃいますが、緑内障は徐々に視界が欠けていく病気であり、白内障は徐々に視界が曇り、ものが見えにくくなる病気です。飛蚊症などとともに、日本人に多い目の病気です。

 

緑内障は目に入った情報を脳に伝える視神経に障害が起こることで、視野が狭くなっていく病気です。白内障に比べ、治療が遅れると失明の可能性もある病気です。視野の中心から少しずれた部分から徐々に欠けていき、症状が進行すると視野が大きく欠けていきます。最初のうちは不便を感じないので、検査を受けるまで緑内障であることに気がつかない場合が多いと言われています。

 

白内障は水晶体が濁ることによって、だんだんと目が見えにくくなる病気です。水晶体はものを見た時に像を結ぶためのレンズの働きをしていますが、そこが白く濁ると視界がぼやけてしまいます。全体的に視界がぼやけて見えたり、光が眩しく感じられますが、緑内障に比べて白内障は処置が容易であり、視界が回復する病気です。ただし水晶体が一回濁ってしまうと元には戻りません。

 

一見同じように見える病気でも、症状の出方やダメージを受けている器官が根本的に違うため、まったく別の病気であることが判ります。白内障は老化による自然発生的な側面が強い病気ですが、緑内障は怪我の外傷や網膜剥離、眼圧上昇などが原因で起こることがあります。日頃から目を大切にし、予防を心がけていきたいものです。

 

>>眼の病気 トップページへ


 
ホーム 白内障 緑内障 飛蚊症 加齢黄斑変性 動画で学ぶ眼の病気