若年性白内障



若年性白内障とは

白内障の原因の大半は加齢による自然発生的な要因と言われていますが、近年生活習慣の変化などにより若年化が進んでいると言われています。これまで、白内障は中高年期の40代以降に頻発する病気と言われてきました。しかし最近では20代から30代、さらに10代でも発症する場合があり、老人性白内障ではなく若年性白内障または併発性白内障と呼ばれています。

 

若年性白内障を起こす原因は人によってさまざまで、目の外傷や網膜剥離を起こしていたり、過去に硝子体を手術していることなどから発症する場合もあります。また、アトピー性皮膚炎などの病気や栄養失調でも白内障が表れてくることがありますし、最近若者に増えていると言われる糖尿病が直接的な原因となる場合もあります。

 

したがって、若年性白内障と診断された場合は治療を進めると同時に何が白内障の原因になっているかを見極めなければなりません。食生活がそもそも乱れているのか、あるいは怪我が元になっているのか、遺伝的な要素があるのかは人によって異なります。

 

ただし、若者に多い肉類や乳製品などの食生活が脂肪の摂り過ぎとなり、逆に目の健康に欠かせない緑黄色野菜の不足を招き、そこから白内障の症状が進んでいる可能性も指摘されています。特にカロチノイドの一種である「ルテイン」は白内障はもちろん、普段からの疲れ目や視力の改善に役立つ成分として知られていますが、脂肪中心の食生活になるとこのルテインが極端に不足する状態となります。

 

失明のリスクを減らし、若年性白内障にならないためには、普段からの規則正しい生活とバランスのとれた食生活が予防のためには必要不可欠ということです。

 

>>眼の病気 トップページへ


 
ホーム 白内障 緑内障 飛蚊症 加齢黄斑変性 動画で学ぶ眼の病気