後発白内障



後発白内障とは

白内障の手術をした方のなかにも、治ったと思ったらまた視界がぼやけてしまう「後発白内障」を起こす方がいらっしゃいます。後発白内障とは術後にまた視界が白っぽくなる病気のことで、手術を受けたあとでも誰もが発症する可能性があります。

 

後発白内障が出る期間というのはまちまちで、手術をしてから1年以上が経過してから発症する方や、術後比較的時間をおかずに目がかすんでくる場合があります。術後から3年が経過した時点で2、3割の患者さんがこの後発白内障を発症すると考えられています。原因としては、白内障手術で眼内レンズを入れるために水晶体の袋を残しておきますが、そこに濁りが生じることで再び白内障を発症します。

 

後発白内障の症状には、視界がぼやけて見える「霧視」が多く、症状の進行につれて視力低下が起こります。対処法は再び手術をすることですが、手術自体はきわめて簡単で、ヤグレーザーと呼ばれる特殊なレーザーを用いて濁りが出た袋の真ん中を破り、後嚢の一部を切り取る手術を行います。痛みなどはなく、切り取った後は視界も以前のようにはっきりと見えるようになります。また、二度目の手術後は再発もなく、クリアな視界を手に入れることができます。

 

以前にもまして安全で確実な手術ができるようになり、もはや白内障は怖い病気ではなくなりました。しかし毎日の生活の中で白内障を予防する努力も必要です。生活習慣や食生活などを見直し、クリアな視野をキープできるよう心掛けていきたいものです。

 

>>眼の病気 トップページへ


 
ホーム 白内障 緑内障 飛蚊症 加齢黄斑変性 動画で学ぶ眼の病気