白内障 手術



白内障の手術方法

白内障の治療方法は、まだそれほど視力が低下していない段階や、目のかすみがあっても特に視界に支障が出ていない状態では、専用の点眼薬(ピレノキシン製剤、グルタチオン製剤など)を用いての治療が基本となり、外科的処置には至らないことがほとんどです。ただし、白内障は生活習慣や食生活などで悪化する場合があるため、目薬を使って治療を続けても進行を完全に食い止めることはできません。

 

白内障の治療は基本的に症状の進行を遅らせるためのもので、水晶体の濁りを透明に戻すことはできません。また、点眼治療が始まれば毎日続けなければなりませんし、目をいたわる生活なども同時にスタートさせる必要があります。

 

その後、白内障が進行してしまい視界に支障が出て来ると、今度は外科手術へと移行します。手順としては、目の中の濁った水晶体部分を超音波で粉々にして取り除き、人工水晶体をその後に挿入する「超音波乳化吸引術」という処置が一般的に行われています。白内障を患う患者さんのほとんどがこの手術を利用しています。

 

また、水晶体に挿入した眼内レンズは視界を回復させますが、術後も今までと同じようにメガネなどを使って視力矯正をする方もいらっしゃいます。日帰りで手術ができる病院も多いようですが、入院が必要かどうかは医師とよく相談のうえ決める必要があります。手術後は目が充血したり、軽い痛みがある場合もあるため、車の運転などは避けるようにしましょう。

 

白内障の進行度は人それぞれで異なります。通常ですと、上記のような超音波乳化吸引術が行われますが、さらに白内障が進行していくと水晶体の核ごと取り出してしまう「水晶体嚢外摘出術」などが行われます。いずれにしても、きちんと手術を受けておけば白内障を患って低下した視力が回復できます。

 

>>眼の病気 トップページへ

白内障手術の流れ動画


 
ホーム 白内障 緑内障 飛蚊症 加齢黄斑変性 動画で学ぶ眼の病気