白内障 治療



白内障の治療方法

白内障とは、目の中の水晶体が白く濁り、視界がぼやけて見えてくる病気です。白内障の多くは加齢による自然的なもので、別名「老人性白内障」といわれています。

 

白内障と思われる異常を感じたらすぐに病院を受診し、定期的に検査を受けましょう。病院での治療方法には、視力が低下しすぎていない状態では専用の点眼薬を使用します。ただし点眼薬はあくまで症状の進行を遅らせる程度の薬で、完全に食い止めることはできません。症状の進行が初期の段階では、目薬とは別に目を傷めないような生活を送ることも大切です。

 

時間の経過とともに症状が進んでしまい、日常生活に支障をきたすようになると、今度は手術を検討することになります。手術ではまず水晶体の濁った部分を粉砕して取り出し、そこへ人工的な眼内レンズを埋め込んで視力を回復させる方法が一般的です。手術はほんの数十分で終了してしまいますが、人によっては数日間の入院と経過観察が必要な場合があります。また、治療に際して痛みはほとんどなく、体にも大きな負担がないため安心して治療を受けることができます。

 

治療後は状態を徐々に安定させ、回復には数週間程度の時間がかかります。その間、目の炎症を抑えたり感染症を防ぐための点眼薬を継続的に使用し、定期的な診察も欠かさずに行います。また、日常生活でも抗酸化物質を含んだ食品を積極的に摂取し、サプリメントなどを活用しながら、白内障の症状を進行させないような生活を行います。病院だけでなく自宅でもケアを続けていくことで、効果的な治療になります。

 

>>眼の病気 トップページへ


 
ホーム 白内障 緑内障 飛蚊症 加齢黄斑変性 動画で学ぶ眼の病気