飛蚊症とは



飛蚊症とは

飛蚊症とは、明るいところで壁や空などにふと目を向けた時、目の前にゴミや虫のようなものが見える眼の病気です。虫やゴミではなくても、点や線、雲のようなモヤモヤとしたものが目の前を漂っている場合も同様です。

 

飛蚊症は多くの人が発症する目のトラブルで、眼球の内部の硝子体という透明の物質に濁りが発生し、浮遊物のようなものが表れてきます。濁りという意味では飛蚊症と白内障は似たような症状に思われますが、白内障は水晶体が濁る病気です。

 

飛蚊症の原因は上記のような濁りが一般的ですが、そもそも濁りを起こす原因には老化や目の疲れなどが多く、若い方でも発症する可能性は大いにあります。また、網膜裂孔や網膜剥離、緑内障、硝子体出血などの目の病気が原因して、飛蚊症を起こすこともあります。自然発生的な飛蚊症にはまず問題はありませんが、後者の病気が考えられる場合は早急に治療をしなければなりません。

 

飛蚊症が頻繁に起こって気になるという方もいらっしゃると思いますが、まずは浮遊物の数が増えているか、減っているか(あるいは変わらないか)をチェックしてみましょう。今までよりも増えている場合は病院で検査を受け、浮遊物の数が増えたことを医師に相談してみましょう。

 

ストレスによって起きた飛蚊症などは、残念ながら直接的な治療方法はありませんが、毎日の生活の中で少しでも目に負担を与えないようにすることが大切です。特に目を酷使し、視力を低下させるような生活は目にとって良くありません。もちろん、目にやさしい生活を心がけていても浮遊物が気になったり、数が増えてきた場合は眼科を受診するようにしましょう。

 

>>眼の病気 トップページへ


 
ホーム 白内障 緑内障 飛蚊症 加齢黄斑変性 動画で学ぶ眼の病気