緑内障 目薬



緑内障の目薬

緑内障の治療に使われる目薬にはさまざまなものがあります。今回は、点眼薬の中でも特に使用頻度の高いものについて紹介したいと思います。

 

β遮断薬

眼圧を下げるために、優れた効果を発揮する点眼薬です。また、眼内の房水の産生を抑制する作用もあるため、眼に対する負担を低下させつつ、副作用も少ない薬で、現在ではもっとも頻繁に使用されています。β遮断薬の副作用には徐脈や気管支けいれんなどを起こす可能性があるので、心臓病や喘息を持つ方は使用できない場合があります。

 

副交感神経作動薬

β遮断薬の登場前から使用されている点眼薬です。目の中の毛様体筋を収縮し、線維柱帯を拡げて房水の流出がスムーズになるという効果を持っています。房水がうまく流れれば眼圧も下がっていきます。副作用はβ遮断薬に比べて重くはありませんが、瞳孔が小さくなるのでものの見え方が暗くなるというデメリットがあります。新薬の登場により、近年では使用頻度が落ちてきています。

 

PG(プロスタグランジン)関連薬

眼球を包んでいる強膜から房水をスムーズに流出させる作用があり、眼圧も自然に下がっていきます。副作用としては結膜が充血したり、虹彩の色素沈着などが挙げられます。前述の点眼薬同様、PG関連薬にも配合されている成分によっていくつかの種類があり、副作用の出方はそれぞれの製品によって異なります。

 

上記のほかにも、緑内障の症状にあわせてさまざまな点眼薬が使われています。なかには複数の点眼薬を組み合わせて使う場合もあり、外科的手術がなくても安全に治療ができるようになっています。

 

>>眼の病気 トップページへ


 
ホーム 白内障 緑内障 飛蚊症 加齢黄斑変性 動画で学ぶ眼の病気