緑内障 症状



緑内障の症状

緑内障は、日本人が失明する原因の上位に数えられる目の病気です。白内障と同じく言葉だけは頻繁に耳にするのですが、いまいち違いが分からないという方も少なくないと思います。

 

緑内障は網膜の神経節細胞が死滅し、視神経が変形して視野に欠損が生じる病気です。一度欠けた視野は回復が困難と言われており、そこから進行して失明の原因になりうるということです。緑内障には慢性と急性の二種類がありますが、慢性の場合は症状が進行するまで気づかないことが多いとされています。

 

緑内障を患うと視野がだんだんと欠けてくるのですが、視野のほとんどが見えづらくなるまでは異常に気づきにくく、初期から中期のあいだは異常を発見しにくいと言われています。

 

ただし、急性緑内障の場合は突然目が痛んだり、充血やかすみ目などになります。眼圧が上昇してくると頭痛のような症状が表れてくることもありますが、これは眼圧が高くなることによって視神経を圧迫し、そこから痛みが表れてくるのです。

 

緑内障は誰もが発症する可能性がある病気と言われていますが、早期発見と治療を行うことによって失明のリスクを減らすことができます。特に中高年層になると緑内障の患者数が急激に増えてくると言われていますから、定期的な診察を受けて目の状態をチェックしておくことが重要です。

 

また重度の近視の方や遠視が強い方、血圧の低い方なども緑内障には気を付けなければならないと言われています。早いうちから緑内障予防への意識を高く持ち、病気を呼び込まない生活習慣を心がけることが大切です。
>>眼の病気 トップページへ


 
ホーム 白内障 緑内障 飛蚊症 加齢黄斑変性 動画で学ぶ眼の病気