緑内障 治療



緑内障の治療方法

緑内障の治療方法は、まずは眼圧を下げることを念頭に置きながら治療していきます。眼圧が下げられれば緑内障の進行を遅れさせることができ、さらなる重篤な症状を予防することもできます。残念ながら、緑内障によって死滅してしまった視神経は元に戻すことができませんが、早期に発見すればするほど視神経のダメージを少なく抑えることができます。

 

緑内障が判明したら、まずは薬物治療が始まります。進行具合や眼圧の程度によって、点眼薬を用いた眼圧コントロールが行われます。また点眼薬とあわせて内服薬を使い、体の内側から薬の力によって進行を食い止める処置が取られます。

 

薬を使って治療を続けても効果が表れにくい場合は、それぞれの目の状態に応じてレーザー治療を行います。レーザーを使って瞳の虹彩部分に穴を開け、眼球内をみたす「房水」をコントロールし、流れを変えるなどして眼圧を下げる処置が行われます。

 

誰もがレーザー治療を行うわけではなく、緑内障のほとんどには薬物療法が用いられます。豊富に揃う点眼薬を使用して、緑内障のタイプ別、または眼圧のレベルに応じた治療が可能となっています。

 

人によっては、薬やレーザー治療だけでは効果が少ないと判断されることもあります。そのような場合には眼圧を下げる飲み薬を服用しながら、目詰まりした部分を切り開いて房水の流れをスムーズにする手術が行われます。外科的処置が取られる場合は術後の経過も定期的にチェックしていかなければなりません。

 

>>眼の病気 トップページへ


 
ホーム 白内障 緑内障 飛蚊症 加齢黄斑変性 動画で学ぶ眼の病気